> 社長ブログ > 2016年9月

社長ブログ

我が家は、19年前に由良町の分譲地に誕生しました。


その当時、


由良町で土地の価格は坪24万円(*現在の3倍)

金利はフラットで3.3%(*この金利でも当時史上最低金利、現在の3.5倍)

フラット35Sの優遇金利は無し(*現在は、10年間0.3%金利をさらに棒引き)

借入れ期間 最長25年(*今は35年)


そんな時代でも建築着工数は現在の約2倍と、建築業者は造成すればすぐ売れる

今では考えられない時代でした。


ですから年収的にも土地や家にこだわるという選択肢はなく、業者まかせで建てました。

この業者まかせがダメでした!

土地、金利、建物のことすべてにおいて勉強不足でした!

 

見た目は、キレイでも暑いわ、寒いわ、結露はするわ、光熱費はガスで高いわ

玄関タイルはすべるわ、収納は少ないわ、カーポートの幅も狭い、

言い出したらきりが無いほどです。


我が家のリフォーム街道は、このような理由から引き渡しすぐから始まりました。


快適になるのは、嬉しいことですがとにかくお金が掛かりました。

ローンの支払いプラス、リフォーム代ですから家計も大変でした。

手のかかる子供はかわいい、と昔から言いますが家もそうなんですよね!

手のかかる家は、愛着があります。その問題をいかに安く改善するか?


これは、今の仕事に大変参考になっています。


しかし、お客さまにはそんな風にはなって欲しくありません。

給料があまり上がらない時代に予算を抑えたい気持ちは分かります。

ですが、家の住み心地は家族の健康や寿命にも影響します。



予算に関係なく説明させていただくのはそんな想いからです。


隠れてしまう建材、耐久性のある建材にこだわるのも、我が家からの学んだ教訓です。

 

 

KIMG0159.JPG

 

 

2016.09.20

完食に感激

休日の朝、


「行ってくるから後はお願いね!」

家内は、楽しそうに娘とお出掛けです。


息子と私、男二人が残されて困るのは食事。


結婚して25年間、家事はすべて家内まかせで、家事をやったことは数えるほど。


そんな私が昼ごはんに挑戦です。


ごはんを炊くのにお米の量、水の量を計り炊飯器にセット。

正直、こんなにお米を炊くのに時間が掛かるとは驚きです。

 

味噌汁に入れるたまねぎを切り、カットわかめを水にもどす。

5分ぐらいで生のわかめ状態になることにこれまたすごいと関心し、

味噌の量を心配しながら、フライパンに油は引かなくて良いのかと考えながら

キャベツとハムの炒めものをつくり、ごはんが炊き上がる時間を見計らって味噌を投入。


見た目は悪いがなんとか完成。


そして、実食。


「おやじ、味噌汁美味いやん!」息子のひとこと。そしてすべてを完食。


野菜炒めに自信はあったものの味噌汁には自信がなかったので、

その一言に嬉しさ100倍!!


今まで当たり前に作ってくれていた家内に感謝です。


久しぶりの料理づくりで感謝の言葉を伝える大切さを知り、

要領良くつくることの難しさを知りました。

こんな簡単な料理で良く言うわと笑われますね。



段取り良くつくる、その都度整理しながらつくる、毎日の清掃、という点では


料理づくりも家づくりも同じですね!

 

 

ランチ.JPG

 

 

突然ですが、家づくり成功のカギはなんだと思いますか?


答えは、ひとつではないですよね。


 

私は、お客さまとスタッフとの相性、そして

そのスタッフをお客様が信頼できるかどうかがひとつのカギだと考えます。


ですから、スタッフを採用するとき誰でも良いわけではありません。


ココイチのスタッフは、地元生まれで家族と地元を大切にする自慢のスタッフです。

※草食系ですのでしつこい営業はいたしません!(笑)



まだまだ未熟なところもありますが、

お客様からのありがとうを栄養にすくすく育ってます。


これからもご声援よろしくお願いします!

 

 


 

021 (1).JPG

 

こんにちは。

今日は、フソウグループの中核企業である㈱フソウをご紹介します。


当社の親会社㈱フソウは、今から70年前に香川県で誕生した総合水処理企業です。

安全な水を供給する浄水施設、水を自然に還す浄化施設、工場などの産業用水循環システムや汚水処理施設など「水」に関わるあらゆる処理施設を手掛ける企業です。


その㈱フソウをはじめグループの多くは、水関連の企業です。「水」は生命に係わります。

私が入社した26年前、㈱フソウの企業理念は、「水と共に生きる」でした。

㈱フソウは、私達の生活に欠かすことができない「水」を長きにわたり守って参りました。


ですからフソウグループの一員としてココイチが必ず守らなければならないことあります。


それは、命を守れる住まいをつくることです。


ココイチは、㈱フソウが70年にわたり実践してきた安心、安全に学び

いつ起こるかもしれない災害に耐える住まいをこれからも提供していきます。


このたびココイチと同じ郷東町に㈱フソウの新社屋が完成します。

災害が発生したとき、地域の避難施設としても活用できます。

 

 

 

fusou.JPG